スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

損害保険会社の海外進出

メルマガ発行始めました!
http://archive.mag2.com/0001623213/index.html

昨日の日経新聞によれば、損保ジャパンが英国の損害保険会社のキャノピアス社の買収をするとのこと。

グローバル化は保険業界でも例外ではなく、海外マーケットへ積極的な進出を画策しています。
とはいえ、保険のルーツは英国などの欧米諸国にあり、日本からしてみれば保険の先進国であるわけです。
そうした欧米諸国における競争は厳しく、後発の外資保険会社では大きな収益は見込めず、生き残りを賭けて引き受けた契約は現地の保険会社が引き受けしたがらないリスクの高い契約ばかり、ということも珍しくありません。
このような状況があり、国内損害保険会社の海外進出は行き詰まっていましたが、近年ではそれらを打開すべく、現地の保険会社ごと丸々買収し、一定のブランド力と顧客層を獲得するようになってきています。
いいことづくめの話ですが、それには先立つものが必要であり、バンバン買収劇が始まるわけではないと思われます。

一方、先のような先進国ではなく、今顕著な経済発展を遂げている途上国においては積極的に拠点網を拡大しています。
中国やインドはもちろんのこと、東南アジアや東欧、南米など様々な地域に進出しています。

目を日本に移して、日本国内は少子高齢化によって、人口の減少や若年ドライバーの減少で保険料収入は減少傾向にあり、逆に高齢ドライバーの事故率の増加で支払保険金が膨らんでいます。
また、保険大国とも言われるほど日本の保険加入率は世界的にも群を抜いて高い水準にあります。
裏を返せば、非常に成熟したマーケットでもあるとも言え、こうした環境下にある日本マーケットは保険会社にとって「儲からない」市場となっています。
もちろん、我々一億数千の国内マーケットをかなぐり捨てるというわけではありませんが、これから先数十年を見越していけば、このような戦略は必須なのでしょう。

海外戦略が上手くいったその収益が日本国内市場に還元されることを期待したいものです。

↓↓↓ 参考になりましたら、応援のクリックをお願いいたします。 ↓↓↓



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

koala0724

Author:koala0724
縁あって保険業界に身を置いておりますが、本ブログを通じて一人でも多くの人々に保険の必要性、仕組み、業界の動向などを知ってただきたいと考えております。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。